新車の値引きテクニック

新車にはもちろん定価というものがあります。
ただし、実際は新車を買う時にはディーラーが見積もりを提示して、そこから購入者が値引き交渉を行うのが普通ですよね。

 

買う側としたら、もちろん少しでも安く買いたいわけですから、ここは頑張りどころ。
そこで、値引きのテクニックをいくつか紹介しますので参考にしてみてくださいね。

 

 

値引き交渉のポイント

 

新車を買う時にはだいたい値引きをしてもらえます。が、その値引きの幅は交渉次第。
どうすればより大きな値引きをしてもらえるのでしょう?

 

ポイント1:買う時期

まずは新車を買う時期から考える必要があります。
3月、9月は自動車会社も決算を控えて売り上げを上げたい時期なので、少々値引きをしてでも新車を売りたいわけです。

 

ポイント2:下調べ

そしてお店に行く前には必ず下調べを。
競合する他社の車などの見積もりをとっておいたり、その値引き額などは値引き交渉の材料となるので準備しておくべきです。
販売員と値引きの話になった時に、それとなく伝えることでもっと値引きしてもらえるかもしれません。

 

ポイント3:買う車の種類

買う車をどれにするかも、値引き額に大きく関係するポイントです。
マイナーチェンジやフルモデルチェンジの前は、旧型車の値引きのチャンスです。
どうしても新型が欲しいのでなければ、こうしたタイミングで旧型車を購入するのもオススメですよ。

 

ポイント4:オプションと特別仕様車

オプションをつけるときも一工夫。
まずはオプションをつけない状態で値段を交渉します。
その後にオプションをサービスしてもらったり、半額でつけてもらうように交渉すれば、最初からオプションをつけた状態で値引き交渉するよりもお得な場合が多いです。
欲しい車種に特別仕様車が用意されている場合は、すでにオプションがいろいろついていてしかも価格は低めに設定されているのでこういったものを狙うのも一つの手ですよ。

 

ポイント5:下取りは別に考える

多くの場合は購入と同時に今まで乗っていた車を下取りしてもらうことになると思いますが、この下取り価格は新車の値引き交渉をは別に考えましょう。
下取りを多くしてもらったから値引きはこの程度でいいや、などと考えてはいけません。

 

 

こうしたことに気をつければ、新車購入の値引きは最大限に狙えるのではないかと思います。
そしてもちろんこれらの手の内は販売員と交渉しているうちは明かさないように。
値引き次第で予算内で便利なオプションがもう一つつけれたり、車のグレードを上げることもできるかもしれません。
ぜひ頑張ってみてくださいね。

 

新車の値引きは交渉次第ですし、値引きで価格が何十万も変わってきます。
新車購入を考えたら、どの時期にどんな車を買えばより値引きしてもらえるかもしっかり調べて、お得に新車を買うようにしたいものです。

 

新車の値引きは販売員も了解していることですので、お互い駆け引きを楽しむくらいの気持ちでチャレンジしてみてくださいね。