新車購入時の見積りの取り方と交渉について

新車を買う時は、たいてい見積もりを出してもらってそこから交渉、というパターンではないでしょうか。

 

インターネットで先にある程度の見積もりを見ることもできるので、便利ですよね。

 

このページは、見積もりのとり方とその後の交渉についてのお話です。
新車を購入予定の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

インターネット見積りを利用して目安となる金額を把握しよう

 

新車を買う時は、たいてい見積もりをもとに値段交渉を行って契約、というパターンが多いですよね。
交渉を有利に進めるためにも、このくらいの金額の見積もりが出されるかな、ということは事前に調べておきたいものです。
そのためには、自動車販売会社に出向く前に、インターネット見積もりで新車の価格を見ておくといいですよ。

 

インターネット見積もりも、自動車販売店ごとに請求することが出来るので、家の近くの数件の販売会社に同時に請求して比較したり、競合する車種の見積もりをとったりして比べることもできて、とても便利です。

 

しかも、販売員と話しながらだとついついオプションをつけすぎてしまって、「必要なかったかな」と後で思うこともありますが、自宅で本当に自分が欲しいオプションだけをつけての見積もりがだせるので無駄もありません。

 

こうした新車の見積もりの情報は、もちろん実際の価格交渉の際の材料となるわけですが、「こっちが○○円だから、これだけ値引きしてよ」と、あまりにもあからさまに言っては相手もいい気がしませんよね。「ちょっと聞いたんだけど」などと、あくまで匂わせる程度にして、交渉を有利に持っていくようにしましょう。

 

 

販売店は近いほうがいい

 

販売店選びという点では、新車購入後の整備やアフターサービスのことも考えると、家から近い販売店にしたほうが賢明です。
少しでも安く買いたいのが購入者の本音ですが、あまり遠い販売店にしてしまうと新車購入後に面倒な思いをするので気をつけてくださいね。

 

 

新車の見積もりについてお話しましたがいかがでしたか?
自動車の見積もりも、インターネットを使えば簡単にいくつも請求することができるんですね。
最終的には販売店で交渉するにしても、事前に見積もりをみているといないでは、心のゆとりも違います。
新車というのは大きな買い物ですから、事前に出来る準備はしっかりやってから臨むようにしましょうね。