ローンで新車を買う際の注意点

新車を買うのにローンを組んだことのある人は多いですよね。
車というのは高価な買い物なので、どうしてもお金を貯めてから買うというのは難しい場合も多いです。

 

ここでは新車のローンについてご説明しようと思います。
新車のローンをどこからどのように借りてどのように返済するのかは大切です。
ぜひ読んでみて下さいね。

 

 

ローンの選び方は大事

 

新車は高額な買い物です。
なかなか一括でポン、と買うのは大変ですよね。
ですから、自動車販売会社ではローンを用意していて、これを利用して新車を購入する人もたくさんいます。
新車の購入代金だけではなく、諸費用も含めてローンを組むことが出来るので、たとえ頭金がすぐに用意できなくても新車の購入が可能なのです。

 

こうした自動車ローンは、以前は自動車販売会社のローンを使うことが一般的でした。
新車の購入手続きと合わせて手続きできるので、審査が早くて便利なのです。

 

でも最近は自動車販売会社のローンよりも金利の安いローンがいろいろ登場しています。
銀行や信販会社はもちろん、消費者金融でも自動車ローンを組むことができるのです。

 

ローンといってもカードローンのような無目的ローンであれば金利が高いのですが、自動車ローンという目的ローンであれば、金利はかなり安くなのでお得です。
せっかく頑張って新車の値引き交渉を行っても、金利が高いローンを組んだのでは総支払い額が高くなってしまうこともありますからね。

 

ローンの期間は様々ですが、金利に関しては3年以内の短期であれば変動金利、5年以上の長期であれば固定金利を選んだほうが無難でしょう。
金融会社のローンであれば、お金がたまれば残金を一括して返済できるのはもちろん、途中でも一部早期返済が可能です。
いわゆる繰り上げ返済ですよね。
こうして早めに返済すれば金利をかなり払わなくてすむので、こういったところも人気の秘訣だといえるでしょう。

 

新車を買うときには何気なく自動車販売会社のローンを組むのではなく、もっと金利の安い自動車ローンはないか、お得な返済方法はないかなど、こうしたところも気を抜かずに契約するようにしてくださいね。

 

新車のローン、なんとなく購入契約の流れで組んでしまいそうなものですが、自動車販売会社のローン以外にもいろいろあるんですね。
値引き交渉が終わって契約となると気が緩みがちですが、せっかく値引いてもらった分を無駄に金利で払うことのないように、しっかり考えてローンも組みたいものです。
あなたも新車購入の時には気をつけてくださいね。