新車リースを利用する方法

以前は、「新車に乗る=新車を買う」という意味でしたよね。
最近はいろいろな車の乗り方が増えてきて、そうともいえなくなってきました。

 

新車に乗るといっても、新車リースを利用するという手もあるんですよ。

 

ここでは、新車リースを利用する方法についてまとめてみました。
興味のある方は、ぜひ読んでみて下さいね。

 

 

新車リースの仕組みと利用する際の注意点

 

新車に乗りたいけどまとまったお金がない、ローンを組むほど大きな買い物をするのはちょっと、という人もいるかもしれませんね。

 

そんな方におすすめなのが、「新車リース」です。
新車を購入することなく月々の利用料を払う形で使うことの出来るこの方式は最近注目されています。

 

オートリースとも呼ばれる自動車リースは、リース会社が一括購入した車を期間決めで顧客に賃貸する方法です。
その料金の総額は「リース対象額=新車価格+登録費用+税金+強制保険料+車検費用ー(リース会社の大量購入での値引き額−リース終了後の期待中古車価格)」で計算されます。
これが契約期間中の支払い金額の総額となるもので、これを契約年数で割ったものが年間の支払額、さらに12で割ったものを毎月払うのが一般的です。

 

契約終了後は、同じ車を再度リース契約することも出来ますし、残りの価格を支払えば買い取る買い取ることも可能です。
しかもリース契約中に他の車に乗り換えたいと思っても、それで発生する差額を支払えば車を変更することもできるので、気軽に利用しやすいかもしれませんね。

 

商用目的で使われることが多かった「リース」を、個人向けにしたのがこの「新車リース」です。
毎月均等にリース料金として支払うだけなので、最初に大きな費用が発生しないことで新車に乗りやすいシステムだと人気を集めていますが、任意の保険や駐車場を借りている場合はその料金などはもちろん含まれませんので、別途必要になってきます。

 

便利なシステムですが、リース料金の支払い金額が意外とローンを組んで購入した場合の支払い金額を上回ってしまう場合もありますので、契約前にどちらがお徳かしっかり考えて利用するようにしてくださいね。

 

車を買うとなるとかなり思い切った買い物になりますが、新車リースを利用すれば気軽に新車に乗ることができて、しかも乗り換えも簡単ですよね。
新車を次々と乗り換えたいという人には、とても便利なシステムだと思います。
新車を購入する予定のある方は、一度こちらを検討してみてもいかもしれませんね。