新車を買うときのポイント

新車購入のポイントとなるのは、いったい何でしょうか?

 

車の走り心地?
デザイン?

 

それだけではないですよね。
むしろ、そういったものはディーラーに行く前に自分で調べている場合が多いと思います。

 

具体的な話になってから買うか買わないかのポイントとなるのは、やはり値引き交渉なのではないでしょうか?

 

ここではそういった新車購入のポイントについてお話しますので、参考にしてみてくださいね。

 

最大限に値引きをしてもらうポイント

 

車が欲しいんだけどどれにしようか、なんてことをディーラーの担当者と話している人は意外と少ないですよね。
たいていの人は欲しい車がある程度決まっていて、それがどれくらいの値段になるのかを相談しにディーラーに赴くわけです。
ですから、新車購入のポイントとなるのは、そこでの値引き交渉であると言ってもいいのではないでしょうか。
購入者としてはたくさん値引きしてもらって安く希望の車が買えたらもちろん嬉しいですから、値引き交渉のポイントとなるところは押さえておきたいものです。

 

 

決算前・モデルチェンジを狙おう

まずは、3月や9月の決算前を狙うのはよく言われるところですよね。
それ以外にも、欲しい車がマイナーチェンジやモデルチェンジの時期であれば、旧車種はかなり値引きしてもらえる可能性があります。
時期的なものはこれくらいですが、とにかく交渉前に競合する車種の見積もりをとってみたり、どの程度値引きしてもらえるのかを調べておくことは大切です。
こういったことが値引き交渉の材料となります。

 

オプションや特別仕様車で実質的な値引きを!

また、オプションのつけ方にも気をつけてください。値引き交渉はオプションをつける前の段階で行って、そこにオプションをサービスしてもらう形で結果的には値引きとなるような交渉のやり方も可能です。
また、特別仕様車が用意してあれば、最初からオプションがいろいろついていてしかもお得な値段設定になっているので、こういったものを選ぶのも一つの手ですよ。

 

 

車というのは高額な商品なので、値引き次第で何十万も値段が変わってきます。
出来るだけ値引きしてもらって安く希望の車を買いたいのが消費者の本音ですよね。
こういったポイントを抑えれば、ある程度の値引きは期待できますが、実際は販売担当者とのやり取りで大きく変わってきます。

 

また、たいていの販売会社では、販売担当者がもつ値引き決裁枠よりさらに大きい店長の決裁枠が存在します。
交渉前りしっかり情報を集めてうまく交渉して店長決裁枠まで使わせるようにできれば、かなりの値引きが期待できますよ。

 

 

新車を購入するというのは、そんなに頻繁に行うことではないですよね。
せいぜい数年に一度のことだと思います。
その時の準備や交渉次第で何十万も違う金額で同じ車が買えるのですから、頑張って交渉したいものです。
あなたも新車を購入する予定があれば、こういったことを頭に置いて値引き交渉頑張ってみてくださいね。