ユーザー車検ってどういうもの?

ここではユーザー車検とそのやり方について説明します。
車検の時期になると、その費用に頭を悩ませる人もいるでしょう。ユーザー車検なら費用は安くすむます。
でももちろん車についての知識などは必要になりますよ。書類や手続きもたくさんあるので簡単ではありません。

 

それでも愛車の車検を自分でするなんて素敵だし、車のことをより理解できそうですよね。
ユーザー車検とそのやり方について調べてみましたので、興味のある方は読んでみてくださいね。

 

ホッ、とリーズナブルな車検♪ 「ホリデー車検」

 

車検というのは、一般的には業者に頼んでやってもらいますよね。
それ以外に、自分で手続きする、ユーザー車検という方法もあります。では実際にどういう手続きをどういった流れでするかをご説明しましょう。

 

まずは自賠責保険を更新して、自動車税の領収書を用意します。
それから管轄の陸運支局に電話して音声ガイダンスに従って予約を入れましょう。
といっても都道府県によっては音声ガイダンスではないところもあるのでご注意を。

 

予約した当日は陸運支局での手続きになります。まずはナンバーセンターで購入した書類に必要事項を記入して重量税を払います。
さらに自動車税事務所で自動車税納入証明をもらい、支局に車検証・自動車検査票・自動車重量税納付書・継続検査申請書・自賠責保険証・整備手帳を提出します。

 

それから検査ラインで実際に車の検査です。
ボンネットを開けて車体番号を確認したり、電気系統やエンジンに問題がないかを調べます。
これは基本的に検査官がついて行う検査なので問題ないでしょう。

 

これに合格すると新しい車検証をもらって車検は終了。
難しいわけではありませんが、事前に用意するべき書類がかなりありますので、確実に全部持っていくように気をつけましょう。
1つでも不足があると予約の段階からやり直しです。

 

また、ユーザー車検は何といっても費用が安くすむのが魅力ですが、やはりある程度は車の知識があって自分で整備できる人でないと、車を安全に維持するという意味ではおすすめできません。
自分で整備できなくてもユーザー車検はもちろん受けれますが、そういう人はせめて整備を業者にお願いするといいですよ。
ユーザー車検をうけることによって、愛車についてもっとよく知ることができるでしょうし、自分の車を自分で車検なんて格好いいですよね。チャンスがあればチャレンジしてみてくださいね。

 

 

ユーザー車検とそのやり方について調べてみましたが、いかがでしたか?
確かに書類の準備などは大変そうですが、車検の費用というのはばかになりませんので、安くできるというのは魅力ですよね。
大切な愛車ですから自分の手で車検というのもいいと思います。私の周りにもユーザー車検を普通にやっている人もいます。チャレンジしてみたら意外と簡単かもしれませんね。

 

ホッ、とリーズナブルな車検♪ 「ホリデー車検」