軽自動車の車検について

普段、普通乗用車に乗っている人は、意外と軽自動車の車検についてはあまり知らないかもしれませんね。
でもその金額もシステムには意外と違いがあるんですよ。

 

ここでは、軽自動車の車検について説明しようと思います。
軽自動車に乗っていて近々車検だという方も、普通乗用車に乗っているので軽自動車の車検については知らないという方も、よかったら読んでみて下さいね。

 

ホッ、とリーズナブルな車検♪ 「ホリデー車検」

 

同じ車検でも、軽自動車の場合は普通乗用車の車検とは違いがあります。
例えば、ユーザー車検を受ける場合は、普通乗用車であれば陸運支局に行きますが、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で行います。
また、車検の手順は普通自動車とあまり変わりませんが、運転者は車に乗ったまま検査ライン上で検査を受けることができます。

 

そして費用の面でもかなり違いがあります。
十数万円の費用がかかる普通自動車の車検に比べて、軽自動車の車検はだいたい5〜6万円の費用ですみます。

 

これは、自賠責保険料や重量税、印紙代などの法定費用が安いのが大きな原因です。
自賠責保険料は1万8980円、重量税は8800円、印紙代が1400円ですので、法定費用はその合計の2万9180円ですむのです。
それに加えて検査料が5000円程度、業者に車検を依頼すると代行手数料を払いことになりますが、これがだいたい1万6000円程度ですので、すべて合計してもかなり安いですよね。
実際、車検代が安いから軽自動車に乗る人もいるくらいです。

 

ただし、こうして安く車検を終えようと思ったら、有効期限内に確実に車検を受けることが必要です。有効期限が切れてしまうと、通常24ヶ月分の自賠責保険料が25か月分となりますし、仮ナンバー取得も必要で車検切れ手数料を支払うことになります。
また、走行距離が増えてくると、車検時期に部品の交換をする必要がでてくるので、それらの費用が別途必要になってきます。
安全に車に乗るためには、こういった費用も発生するということは覚えておきましょう。

 

 

軽自動車の車検というのは、普通自動車の車検とかなり違いがあるんですね。
軽自動車は維持費が安いと聞きますが、車検費用がこんなに安いとは知りませんでした。
車を選ぶときにはこういうところもしっかり考えてるべきですね。
普通自動車と軽自動車で迷っている方は、車検代の違いなどもよく調べた上で選ぶようにするといいですよ。

 

ホッ、とリーズナブルな車検♪ 「ホリデー車検」