廃車手続きの際に必要な書類と費用

ここでは廃車に必要な書類と費用について説明しますね。
車を廃車にするときはそれなりの手続きが必要です。その手続きや印紙などに多少のお金はかかりますし、何種類もの書類を揃えておくことが必要になります。
廃車というのは、普通の人はしょっちゅう行う手続きではありませんし、初めてだとなおさら何をどうしていいかわからない人もいると思います。
そこで廃車に必要な書類と費用について調べておきましたので、参考にしてくださいね。

 

 

廃車には永久抹消と一時抹消の2種類があります。
永久抹消は完全に車を解体してしまうことを前提としており、もう車として利用することはできませんが、一時抹消は申請すれば再度車を利用することが可能です。
その手続きに必要な書類などについて、それぞれご説明しましょう。

 

 

まず一時抹消の手続きですが、このときに必要となるのは、申請書、自動車税申告書、所有者の印鑑証明と実印、ナンバープレート、車検証、手数料納付書、印紙料350円です。
費用として実際にかかるのはこの印紙料350円のみですが、廃車代行業者に頼むのなら、手数料が2000〜4000円程度かかるのが一般的です。

 

 

一方、永久抹消の手続きですが、これには実際の申請前に業者にナンバープレートを外した車を引き取ってもらうことが必要になります。
そのときに、自動車リサイクル券以外を受け取り、後日業者から解体報告記録日が通知されますので、それから申請を行うことになります。

 

申請に必要なのは、解体報告記録日の通知、申請書、手数料納付書、3ヶ月以内に発行された印鑑証明書と実印、車検証、自動車リサイクル券、ナンバープレートです。自動車税や自賠責保険、自動車重量税が1ヶ月以上残っている場合は、還付の対象となりますので、同時に申請するようにしましょう。

 

永久抹消の廃車手続きにかかる費用は、だいたい1万円程度ですが、こうした税金や保険の還付がある場合もあるので、トータルの費用としては一概には言えません。

 

 

廃車の手続きには、思ったより書類がたくさん必要なんですね。
しかも、永久抹消か一時抹消かによっても、手続きの手順などがずいぶん違うのに驚きました。
不慣れな人には書類を揃えるのも一苦労かもしれませんが、廃車の手続きを何度もした、という人のほうがきっと少ないですよね。
事前にしっかり調べて用意するものをきっちり用意すればそれほど大変でないかもしれません。
廃車の予定のある方は、これを参考にやってみてくださいね。