自動車の廃車手続き方法

自動車の廃車手続きをしたことはありますか?
車を乗り換えたりするときは、だいたい下取りに出したり買取業者に売ることが多いので、意外と廃車手続きをすることは少ないかもしれませんね。
ここでは、自動車の廃車手続きのやり方などについて解説してみようと思います。
興味のある方は、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。

 

 

廃車と一口に言っても、自動車というのはそう簡単に処分できるわけではありません。
それなりの廃車手続きが必要です。

 

自動車を廃車にする手続きには、一時抹消と永久抹消の2種類がありますが、ほとんどの場合一時抹消として手続きされます。
管轄の運輸支局か、自動車検査登録事務所で手続きすることができますが、必要書類をいろいろと用意する必要がありますので注意してくださいね。

 

用意するものは

 

・自動車検査証とナンバープレート
・車の所有者の最近3ヶ月以内の印鑑証明、実印または委任状
・手続き場所で販売されている申請書と350円の手数料印紙

 

です。

 

廃車手続き後の車は、解体される場合もあれば、輸出されていく場合もあります。
解体される場合には、一時登録抹消後に解体届けをださなければなりません。
このときにもたくさんの書類が必要になります。

 

まず届出書と、手数料納付書、一時抹消登録証明書、住民票など所有者の住所を証明する書類と、新所有者の住所を証明する書類です。

 

車検の際に納入した自動車重量税などの有効期限が1ヶ月以上残っている場合には申請すると還付が受けられるので忘れずに。
この還付がある場合は振込先の金融機関名、支店、口座の種類と名義が必要になりますので事前に調べておきましょう。

 

一時登録抹消後に、輸出されていく車もあります。
このときも、解体届けと同様の書類が必要になりますし、輸出の場合には、さらに譲渡証明書も用意しなければなりませんが、輸出予定日の6ヶ月前からこれらの手続きを行うことが可能です。

 

自動車の廃車=一時登録抹消と言われますが、一時抹消の手続きはあくまで自動車に乗ることを一時中止する手続きですので、車のその後の行方によってはまた別の手続きをしなければなりません。
その時々によって手続きも必要書類も違ってくるので、間違えないように気をつけましょう。

 

 

自動車の廃車手続きについて少し説明してみましたが、いかがだったでしょうか?
一時抹消の手続きをしたからといって、すぐに解体できるわけではないのですね。これは知りませんでした。
書類もたくさん必要です。揃えるのは大変ですが、手続きを確実に1回で終わらせるために、その時になって足らないなんてことのないように十分注意しましょうね。