車を廃車にするには?

もう古くなってしまった車。廃車にするには?その具体的な方法はご存知でしょうか。
自分で廃車にするのは大変なので業者に頼むにしても、事前に準備するべきこともいろいろあります。
ここでは、廃車にするための業者選びや必要な書類などについて調べてみたことをまとめてみようと思います。
廃車にするには?と疑問に思っている方は、ぜひ読んでみて下さいね。

 

 

大事な愛車といえども、古くなってしまったら処分することになる場合もあります。
では車を廃車にしようと思ったときには、どうすればよいのでしょうか。
車を廃車にするときには、永久抹消と一時抹消がありますが、多くの場合は一時抹消として手続きするようです。

 

まず必要なものを用意しましょう。
廃車手続きをするにしても、車検証は必要になります。車検を受けてない車はそれだけで法律違反になりますし、車検を受けてないと廃車にすることもできないので、注意が必要です。
もし車検証をなくしてしまった場合は、陸運支局で車検証の再交付手続きをするようにしましょう。

 

そして次に廃車の手続きをしてもらう業者を選びましょう。
インターネットには、廃車手続き業者サイトや、車買取業者のサイトのランキングも掲載されています。
そういったランキングを参考に、実際にその住所を訪れてみるくらいの確認は必要です。
廃車にするときには、使えそうな部品を取り外して売ることもありますが、フロンに関しては取り扱いを許認可されている業者しか扱うことができませんし、そもそも廃車手続き業者としての認可を受けていない業者もありますので、業者選びの際にはその会社がどんな資格を認可されているかもしっかり確認するようにしましょう。

 

また、業者によって廃車手続きを依頼したときの金額も10万単位で差があったりしますので、いくつかの会社から見積もりを取ることをおすすめします。
いつも車検の代行をお願いしている業者があれば、廃車の手続きもそこにお願いすると安心かもしれませんね。

 

 

廃車にするときの手続きや注意することについて簡単にまとめてみました。
車というのは、いらなくなったからといって、簡単にポイできるものではありませんよね。それまでお世話になった大事な愛車ですから、最後までしっかり廃車の手続きをするようにしましょう。
業者にお願いするときは、どんな業者に頼むかによって全く違ってきますから、業者選びは手を抜くことなくしっかりやりたいものですね。