ETC車載器のセットアップはどうやってやるの?

ETCのセットアップはどのように行うのでしょうか?

 

お金を節約するために、自分でセットアップをすることはできないの?
セットアップにはどれくらいのお金がかかるの?

 

など、いろいろな疑問がありますね。
そこで、ETCのセットアップについて調べてみることにしました。

 

 

ETC車載器は購入したら、セットアップをしなくてはいけません。
ナンバープレート情報などの装着車の自動車情報を暗号化し、その暗号情報を書き込んだセットアップカードをETC車載器に電子的に収納すること全てがセットアップとなります。

 

なりすましなどのETCの不正利用などの悪用を防止してETC利用者の保護をするため、ETC車載器に収納する情報自体を、高度に暗号化しなくてはいけません。
ですから、ETC車載器のセットアップは、セットアップ店で行わなくてはいけません。

 

セキュリティレベルや技術水準を厳守するため、セットアップ店は登録性です。
2005年9月調べで、全国約20,000のセットアップ店があります。
ETC車載器のセットアップ方法には、2種類あります。
ひとつめは、ORSEという情報発行元とセットアップ店の間で、暗号化されたセットアップに必要な情報を、オンラインでおこなうものです。
ふたつめは、郵便やFAXで情報を送るやり方です。このやりかたですと、セットアップに1週間ほど要します。
セットアップの申込書は、破棄したりなくしたりしないようにしましょう。
通常、セットアップ申込書には、マイレージサービスやその他サービスの申し込みや、セットアップをやり直すときや車両変更のときに必要になります。

 

ETCセットアップについてご理解いただけましたか?
ETCセットアップは想像以上の労力を要しますね。
自分でできないのかと考えた自分が恥ずかしくなってしまいます。
登録されたセットアップ店で行ってもらうのがいちばんですね。
セットアップ方法は、オンラインでやってくれるお店の方が、時間的に早くておすすめですよ。