ETCカードはどれがいいか比較しよう

私がETCカードを利用するとしたら、ETCクレジットカードがいいかなと思います。
でもETCクレジットカードにもいろいろな種類があるようです。
たくさんのクレジット会社があるのですから、当然ですよね。
そこで、どんな点で違うのか、ETCクレジットカードを比較してみました。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

年会費無料のETCカードの増加に伴って、各クレジット会社は他社との差別化を図ろうと、様々な特徴を打ち出してきています。
年会費無料は大前提で、ETCカードを比較してみます。

 

まずはNICOS、VIASOのETCカードです。
年会費無料はもちろんですが、ETCマイレージサービスの手続きなしで、自動的にキャッシュバックが受けられます。
その上、ネットで買い物がとてもお得なのだそうです。

 

出光のまいどプラスのETCカードは、年会費無料はもちろんですが、ガソリンや経由が2円引きになるという、さらにうれしいサービスがつきます。
その上、787円で出光のロードサービスが利用できるというのもとてもうれしいですね。
また、西友やリヴィンで、5%引きでショッピングが楽しめます。

 

UFJ、VIASOのETCカードは、年会費無料はもちろん、ネットショッピングがお得です。
そして、ETCマイレージは自動でキャッシュバッグです。

 

SBIレギュラーカードのETCカードも年会費無料のうえ、旅行保険の充実が特徴です。
マイレージサービスは、1ポイント1円で最大1.2%のポイントバッグがうれしいですね。

 

OMCカードのETCカードは、ダイエーグループのOMCカードご優待デーが利用できます。
年会費が1,050円かかるのですが、クレジットカードでは稀な、7日間無利息キャッシングができますよ。

 

NEXCOの中日本ETCプレミアムドライバーズカードは、入会時に2,000ポイントのプレゼントがあります。
サービスエリアやパーキングエリアの買い物もマイレージに加算されるのが、特徴です。200円で2ポイントがつきます。
もちろん年会費は無料になります。

 

ETCカードを比較してみましたが、ETCカードも様々ですね。
ほとんどのカードが年会費無料やマイレージポイントを打ち出していますので、その内容がポイントですよね。
こうやって比較してみると、中日本のカードがいちばんお得な気がするのですが、皆さんはどう思われますか?
その人によって利用形態も違いますので、比較してみることは大切ですね。

 

本当にいろいろなカードがあるので迷ってしまいますよね。
やはり、自分に合ったカードを選ぶことがとても大切です。
ですから、ここにあげた比較を参考にしていただいて、満足のいくETCカードを選んでくださいね。
ETCカードを最大限に利用したいものですね。