ETCを利用するにはETCカードが必要です

ETCを利用することでの便利さや、ETCマイレージを利用するお得さもわかりました。
その上で、上手に利用するためには、ETCカードについても知っておくことが大切です。
サービスの内容などは興味を持って調べるけれど、ETCカードはあまり注意を向けないのではないでしょうか?
そこで、ETCカードについて調べてみました。

 

ETCカードは、クレジットカード国際規格のサイズのプラスチック製カードです。
カードには、カード固有の情報が書き込まれたICチップと、ETC車載器と接続するための端子が埋め込まれています。
ETCを利用する時には、ETC車載器がそのETCカードのICチップの必要情報を読み、また必要な情報を書き込みます。
ICチップにはETCを利用した料金の履歴が情報として残り、車載器またはプリントすることで、この情報を確認できます。

 

ETCカードにはETCクレジットカード、ETCパーソナルカード、ETCコーポレートカードの3種類あります。

 

ETCクレジットカードはクレジット会社が発行しています。
ETC利用者は、このETCクレジットカードをクレジット会社から貸与しているという形です。
ETCサービスの開始当初は、このETCクレジットカードのみでした。
自分の持っているクレジットカードを親カードとして、ETCクレジットカードが子カードという形態になっていますが、カード会社によっては一体型のETCクレジットカードを発行している会社もあります。
マイレージが利用できるのも、このタイプのカードです。

 

ETCパーソナルカードは、ETCカード事務局が発行しています。
ETCクレジットカードとの違いは、デポジット(預託金)をいれることにより、ETCパーソナルカードが発行されるという点です。
自分の利用予想額をETC事務局に届け出ると、ETC事務局がデポジットの額を決めます。
利用者がその額を払い込んだことが確認されてから、ETCカードが利用者に貸与されます。
デポジットは、ETCカード利用の支払いには使われない、預託金です。
利用料金は口座引き落としとなり、ETCパーソナルカードを返却した際に、デポジットは返還されます。

 

ETCコーポレートカードは、大口の利用者または使用頻度の多い利用者のためのカードです。
法人だけでなく、個人利用もできますが、気をつけなくてはいけないのが、1枚のETCカードには1台の車の車載器と決まっています。
特に許可がある場合は別ですが、2台以上の車載器で1枚のカードをなかまに使うことはできないという決まりです。

 

ETCカードについて少しわかってきました。
自分の有料道路の利用頻度や状況で、自分にあったカードを選ぶといいですよね。
マイレージポイントを貯めることができるETCクレジットカードが、私にはいちばん向いているような気がします。
あなたはどうでしたか?