ETCってどういう仕組みなの?

皆さんは「ETC」をご存知ですか?
利用されている方も多いかもしれませんね。
私は、以前はあまり高速道路を利用する機会がなかったので、実は知らなかったのです。
「ETC」がどういったものなのか調べてみましたので、参考にしてみてくださいね。

 

ETCの仕組み

 

車を停車することなく、自動で料金を収受するシステムをElectronic Toll Collection、略して「ETC」といいます。
国土交通省が行っている高速道路交通システムの一環です。
高速道路などの有料道路を使用する際に、従来でしたら料金所で一旦停車して、通行料を支払っていました。
ですがこの「ETC」は、車に取り付けたETC無線通信システムと料金所にあるシステムの間で、データをやり取りして料金を決済します。
「財団法人 道路システム高度化推進機構」の登録商標になっています。
2007年11月調べのデータでは、2000万台以上の車に利用されていて、実に70%以上の利用率となっています。

 

ETCを利用するためには、ETC車載器を車に取り付け、そこにETCカードを入れます。
ETCカードが認証され、そのカードの情報で決済も行われます。
ETC車載機にETCカードを入れていても、認証されていなければ、専用レーンでの通行の際に開閉バーが開きませんので注意が必要です。
通信やETCカードの認証に問題がある場合は、ETCカード専用レーンは通れないということです。
ETCシステムは、ゲートを通過する際の速度が時速80kmでも可能であるように作られています。
ただ、ETC通信に必要な電磁波を、アマチュア無線などど共有しているので認証の混信の恐れがあります。
またカードをさし忘れていたり、認証がうまくされていなかったなどの場合にゲートが開かないということも考えられます。
そのため、時速20kmでの通過するように、規制されています。
そして、現在は様々な事故を防ぐために、スマートインターチェンジという、一旦停止をするという実験を行っています。

 

ETCカードは混雑を避け、高速道路などの有料道路の使用をスムーズで迅速にするための、画期的なシステムですね。
ですが、ニュースなどで、ゲートでの事故が報じられたりもしていますよね。
正しい利用方法を知った上で、ETCを利用するのが大切です。
制限速度などを守って、安全に使用したいです。