トヨタの残価設定ローン「トヨタ3年分くださ〜い」について

ここでは、自動車ローンとは少し違うのですが、トヨタの残価設定ローンやリースなどの説明をしてみようと思います。

 

最近増えているこれらの払い方は、必要な車が必要な年数だけお金を払って車を使おうという考え方です。
自動車ローンを組むよりも、合理的かもしれませんね。

 

特にトヨタの残価設定ローンなどは、最近使う人がかなり増えているようです。
興味のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

自動車ローンを徹底比較申込! 【イー・ローン】

 

 

残価設定ローンやリース利用も検討してみる価値あり

 

「トヨタ3年分くださ〜い」というCM、あなたも見たことがあるのではないでしょうか。
最近増えている残価設定ローンという方法がこれです。

 

分割して自動車の価格を支払う自動車ローンとはまた違って、使う年数分のローンだけを支払うのがこの残価設定ローン。

 

例えば5年で設定する場合、まずは5年後のその車の価値となる金額を割り出し、最初の車の価格からそれを差し引いた金額を5年間に分けて支払うわけです。
5年後には残価を支払うことなく車を返却してもいいし、残価を支払って車を買い取ることも可能です。
下取り価格を最初に決めてそれを購入価格に含めた買い方といってもいいいかもしれませんね。
もちろん契約途中に車を大きく損傷してしまった場合はまた違ってきますが。

 

いずれにしても5年で車を乗り換える可能性が大きい場合や、子供が小さいときだけスライドドアのワンボックスに乗りたい場合など、ある程度その車に乗る期間が短くなりそうな場合には便利なシステムだといえるでしょう。
ローンを残すことなく次の車が買えるのは大きなメリットです。 

 

それとは別に、自動車を購入するのではなく、リースして利用しようという人も増えています。
これも自動車ローンとはまた違って、契約年数分リース価格を払い続けて車を利用するするというものですから、車の所有権を持つことはありません。
所有権がないぶん、価格は安くなるわけです。

 

最近は自動車をローンで購入するだけではなく、多様な使い方がされているので、自分にあった方法が見つかればとても便利ですよね。
多額のローンを抱えることなく車に乗れるのは安心感もあるでしょう。
興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

トヨタの残価ローンやリースなど、自動車ローンとはちょっと違った車の買い方使い方をご紹介してみましたがいかがでしたか?
自動車は高額な商品なので、一度自動車ローンを組むとかなりの金額のローンを抱えることになってしまいます。
使いたい時に使いたいだけ、というこれらの考え方は、利用者にってはとても便利ですよね。
車を買う予定のある方は、ぜひこれらの方法も検討してみてください。

 

自動車ローンを徹底比較申込! 【イー・ローン】